彼女にお金を借りるよりカードローンがいい

彼女にお金を借りるよりカードローン

金の切れ目が縁の切れ目とは昔より多くの人が肝に銘じてきた言葉です。それは単なる教訓というより、誰もが実感した事柄に他なりません。たとえば彼女という親しい存在にお金借りることは今後の人間関係に重大な悪影響を及ぼします。親しい間柄だけに気軽に実行してしまう人がほとんどです。しかしそこにこそ大きな落とし穴が潜んでいます。

 

お金借りる彼女

 

生活を営むためには、あらゆる場面でお金が必要です。それだけに資金の多寡は社会的地位に直結する要素となります。彼女からお金借りる場合一時的に自由度と満足感が得られますが、それは他人から与えられたものに過ぎません。事実と現状を把握するにつれて借金をした方は劣等感や負い目に苦しむことになります。普段は意識することはなくとも徐々にストレスが重なっていき、ついには態度に表れてしまうことになるでしょう。常に弱気な受け答えに終始したり、逆に虚勢を張って恫喝を繰り返すことも珍しくありません。いわゆるドメスティックバイオレンスが起きる背景には経済的要素も大きなウェイトを占めています。

 

反対に彼女の立場から考えてみることも大切です。お金借りることは一時的にせよ、相手の資金を減らすことに他なりません。その分彼女は生活上の不自由を強いられることになります。また自分が優位に立っていると感じて、無理な注文を付けても許されると考えることもあるでしょう。相互依存状態になって好ましくない関係を長く続けてしまう可能性も懸念されます。このようにお金借りることを親しい相手に頼むことは、想像以上のリスクを背負い込むことにです。

 

一方でカードローンならば人間関係状の懸念を払拭できます。そもそも彼女に知られることもありませんから、負い目や申し訳無さに苛まれることもありません。返済可能な額しか借りられませんから生活が破綻しないこともメリットです。お金借りる相手は個人よりも金融機関を優先することが、人間関係を良好に保つ秘訣といえます。

page top