フリーターでもお金を借りれる?

フリーターでもお金を借りれる?

「キャッシングでお金をはじめて借りてみたいな〜」とお考えの方は、色々とわからないことがあったり、先入観があったりするものです。

 

フリーター

 

例えば、よくある先入観がフリーターの方の場合、審査が通過しないといったことです。フリーターは正社員ではないのでちょっとした引け目からそのように感じる人が多いようです。

 

しかし、フリーターの方でもキャッシングの審査に通過している方は、普通にいらっしゃいます。金融会社は基本的に安定した収入がある方で、返済できる能力があるかどうかを厳しくチェックしています。だから、フリーターの方でも自信をもって審査申し込みしてみてください。また、当たり前ですが、無職の方は審査を通過することはありませんし、他社で借りすぎている人も審査通過は厳しいとお考え下さい。

 

また、フリーターの方がカードローンの審査に通過するコツは、借入限度額を少なめにして申し込んで、審査を通過することに専念することです。

 

⇒お金を借りる最新のカードローンランキングはこちら

フリーターとは?

フリーターと言う言葉を何気なく感覚で理解している方も多いと思いますので、ここできちんと意味を知ってもらえればわかりやすいです。

 

フリーターという言葉は次の3つを合わせた和製英語です。

free・・・英語
Arbeit・・・ドイツ語で労働を意味し、日本語では非正規雇用を意味するアルバイト
er・・・「〜する人」という意味の英語 er、または同じ意味のドイツ語 er

 

中学校卒業・義務教育課程修了後の年齢15歳から34歳の若者が対象で、正社員以外の就労形態のことを指します。

 

フリーターと無職との違い

フリーターは、就労形態のことを指す用語であり、アルバイトなどで働いている人であり、無職は、「無職業」の略で、職業がない人のこで、職業のことを指す用語です。

 

フリーターとニートとの違い

フリーターは、非正規雇用であっても労働している人、ニートは労働すらしていない人という大きな相違があります。

 

無職やニートの方は、収入がないので、金融機関からお金を借りることは、厳しいですが、フリーターの方なら、限度額は一般の正社員の方に比べると低く設定されがちですが、審査に通過する可能性はありますので、まずはお試し診断してみることをおすすめします。

 

⇒お金を借りる最新のカードローンランキングはこちら

page top