お金借りる

お金借りるなら

お金借りる2018

 

お金を借りるなら、様々な方法がありますが

  • 今すぐお金が必要!
  • 即日でお金を借りたい!
  • 今日中に何とかしないと!
  • とにかく最短で即金を手にしたい!
  • 1秒でも最速で資金調達!

といった緊急度の高い方なら、当サイト【お金借りる2018】では、カードローンを契約してキャッシングしてお金を借りることを推奨しています。

 

(更新日:2018年09月13日)

 

  • 「カードローンでキャッシングする」
  • 「消費者金融を利用してお金を借りる」
  •  

    などと聞いたり見たりすると、初めてお金を借りる人にとってみると、不安を感じたり、拒絶反応が起こる方もいらっしゃるかもしれませんが大丈夫です。

     

    当サイトの運営ポリシーとして、不安になるような怪しい高金利の闇金や激しい取り立てのあるような違法の金融業者は一切紹介しておりません。

     

    テレビCMなどで知名度のある

     

    「安心安全にお金を借りれるカードローンのみ」

     

    を厳選して最新版にアップデートしてご案内しています。

     

    カードローンは「安定した収入がある20才以上の方」であれば審査の申込みができます。

     

    必要書類も、50万以内の借入れの場合、運転免許書1枚があれば大丈夫です。

     

    消費者金融のカードローンには、初めて借りる方には無利息期間がありますし、銀行カードローンの場合ですと低金利で長期的にお付き合いできるメリットもあります。

     

    当サイトおすすめの厳選カードローンランキングです。お持ちのスマホやPCから気軽にお申込みください。

     

    アコムの特徴
    ●はじめて借りる方は契約日の翌日から30日間金利なしで借りることが可能です
    ●最短30分でスピード審査回答!
    ●即日融資OK
    ●楽天銀行口座をお持ちなら、来店不要で365日土日祝でも最短1分で振込融資OK!(手数料無料)
    ●保証人・担保不要
    ●20才以上で安定した収入があれば学生・フリーター・主婦の方でも申込できます
    実質年率 3.0%〜18.0%
    評価 評価5
    融資限度額 1万円〜800万円
    アコムの総評
    消費者金融の老舗で三菱UFJフィナンシャル・グループなので安心♪はじめて借りる方も無利息期間があるからお金を借りやすいです。
    急いでいる方でも、審査申込をネットで済まして、最寄りのむじんくん(自動契約機)に駆け込むと、22時まで申込できて、すぐにその場でカード発行してもらえて、併設されているATMで即日キャッシングも可能です!平日だけでなく土日祝でもオッケー!
    プロミスの特徴
    ●はじめて借りる方は契約日ではなく、初回の利用翌日から30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
    ●審査は最短30分!最短1時間で即日融資も可能
    ●三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちなら、来店不要で土日祝でも24時間最短10秒で振込可能の瞬フリサービスも好評!(手数料無料)
    ●50万円まで所得証明不要
    ●WEB完結でカードなしも可能なので郵送物一切なしでバレずにお金を借りれます
    ●20歳以上69歳以下の方で安定収入があれば学生でも主婦でも申込可能
    ●ゆうちょ銀行ATMも使えます
    ●女性担当で安心のレディースプロミス窓口もあります(男性の方でもOK)→こちら
    実質年率 4.5%〜17.8%
    評価 評価5
    融資限度額 500万円
    プロミスの総評
    プロミスの無利息期間は、契約日ではなく借入日の翌日からカウントされるので借り入れしない限り無利息期間が失効することが無いので安心です。平日の14時以降や土日祝でも、最寄りの自動契約機(ローン契約機)に駆け込めば、最短即日融資も可能なので急な出費の時でも強い味方になります!
    アイフルの特徴
    ●はじめての方は最大30日間利息0円
    ●簡単4ステップでお申込み完了♪
    ●最短30分審査で完了!即日融資も可能!!
    ●利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合収入証明書不要
    ●家族に知られずにカードが受け取れる「配達時間えらべーる」も大好評!
    ●大地真央さんのCMでも有名なカードローン
    ●事前にご融資可能か1秒でご診断
    実質年率 3.0%〜18.0%
    評価 評価4.5
    融資限度額 800万円以内
    アイフルの総評
    お急ぎの方は、ネットで申し込み後、ご優先審査フリーダイヤルをご利用可能!お客様のニーズに柔軟に対応しているカードローンで、緊急性にもバッチリ対応!

    レイクALSA

    レイクALSAの特徴
    ●はじめての方は2つの無利息からえらべます
    ●カードレスで借りれます
    ●最短即日振込み可能
    ●ATM手数料が無料!←消費者金融ではレイクALSAのみ!
    実質年率 4.5%〜18.0%
    評価 評価4
    融資限度額 1万円〜500万円
    レイクALSAの総評
    筧美和子さんや森山未來さんのユニークなCMで知名度上昇中!AI導入で、「今すぐ」に完全対応した消費者金融!急ぎのときも頼りになります!

    モビット

    SMBCモビットの特徴
    ●審査回答は最短30分!
    ●最短即日融資が可能
    ●WEB完結申込で来店不要
    実質年率 3.0%〜18.0%
    評価 評価3.5
    融資限度額 800万円
    SMBCモビットの総評
    WEB完結の元祖!プライバシーに最大限配慮されたカードローンです。バレずにお金を借りたいならモビットがおすすめです。

    即日でお金を借りる方法

    「お金を借りないといけない時」・・・それは、来年ではなく来月でもなく、1週間後でもないケースがほとんどではないでしょうか?

     

    つまり、即日借りたいケースが多いですよね。もっと言えば「今すぐ」お金を借りたいですよね(笑)

     

    即日

     

    そんなニーズに現在はバッチリ応えてくれるカードローンが多数ありますので、まずは安心してください。

     

    いわゆる、「即日キャッシング」「即日カードローン」「即日融資」といったキャッチコピーに対応するサービスです。

     

    即日に対応しているサービスを活用して即金を手にするためのポイントを4つにまとめていますのでチェックしてみてください。

     

    銀行カードローンより消費者金融を選ぶ

    即日に対応した銀行カードローンもありますが、基本的には、消費者金融の方がスピーディーに審査が進行し、即金を手にする成功率は高いです。とにかく急いでいる方は、消費者金融を選択してお金を借りましょう。

     

    午前中にネットで申込む

    ご自身の口座に振込融資して欲しい方は、午前中に審査申込をすることが基本です。最短30分で審査回答があり審査を通過したとしても、銀行の営業時間外になるとどうしても翌日着金になってしまいます。午前中に申し込みがベストですが、最悪14時までに申し込みましょう。

     

    自動契約機(無人契約機)を利用する

    午前中を過ぎて、14時も回ってしまった。。。っという状況の方も、大丈夫です。まずネットで申し込みを済ませて、最寄りの自動契約機に駆け込んでカードを受取り、併設されているATMでキャッシングする方法です。この方法ですと、自動契約機の営業時間まで大丈夫です。ちなみにアコムの営業時間は8:00〜22:00、プロミスは9:00〜22:00(※一部21時もあります。)となっており、おすすめの消費者金融といえます。

     

    50万円以下の限度額で申込む

    消費者金融は、50万円以下の借り入れなら収入証明不要です。つまり、必要書類は免許書のみです。多額の限度額で申込むと審査に通過しないリスクも高まります。まずは50万円以内でしっかりと即金を手にする作戦が得策です。

     

    ⇒即日でお金を借りれるおすすめ消費者金融はこちら

    家族に内緒でお金を借りれるか?

    「お金を家族に内緒でお金を借りたい!」と考えている方も多いと思います。言い換えると、「家族にバレずにお金を借りたい!」ということです。

     

    家族バレ

     

    そこで、カードローンを利用してバレる原因の大半は何かご存知でしょうか?

     

    ズバリ、「郵送物」です。

     

    郵送物の代表的なものは、次の3つです

    1. カードと申込時の契約書などの書類
    2. 利用明細書
    3. 滞納した場合の督促状

    この3つの郵送物をきちんと管理できれば家族バレせずに安心してお金を借りることができます。それぞれの消費者金融に分けて、家族バレしない方法をお伝えします。

     

    アコムの郵送物でバレないようにお金を借りる方法

     

    ●カードと申込時の契約書などの書類

    まず、アコムでは現在のところカードレスでの契約はできません。つまりアコムと契約する時は必ずカードを受け取らないといけないわけですが、カードを自宅郵送ではなく、「むじんくんで受け取るようにする」ことが第一ステップです。そうすると、カードと申込時の契約書が自宅に送付されなくなります。
    ※自宅郵送の場合「ACサービスセンター」という差出人で届きますが、怪しいといえば怪しいので注意してください。

    ●利用明細書

    振込キャッシングでもATMでのキャッシングでも発行されるので、バレたくなければATMでキャッシングしてその際に発行される利用明細書は自宅に持ち帰らずにすぐに処分することで、「ポケットから出てきて嫁にバレた!」といったことを防げます。

    ●督促状

    返済を怠っていなければ送られることはありません。

     

    アコム

     

    プロミスの郵送物でバレないようにお金を借りる方法

     

    ●カードと申込時の契約書などの書類

    プロミスはカードレスで契約できるので、WEB完結申込でカード発行なしにしましょう。
    ※対象金融機関は200行以上あります。

    ●利用明細書

    申し込みフォームの「書面と受取方法」でWEB明細にチェックすれば郵送物が送られることはありません。

    ●督促状

    返済が滞らない限り送付されません。

     

    プロミス

     

    SMBCモビットの郵送物でバレないようにお金を借りる方法

     

    ●カードと申込時の契約書などの書類

    モビットもカードレスで契約できるので、WEB完結申込でカード発行なしを選択すればオッケー。ただし、三井住友銀行か三菱UFJ銀行かゆうちょ銀行の口座があることが前提になります。

    ●利用明細書

    モビットの会員サービスであるMyモビで自宅へ郵送するのではなくWEBで確認するように変更することで紙の利用明細書は発生しません。

    ●督促状

    返済が滞らない限り大丈夫です。

     

    モビット

     

    以上のようにバレないように秘密でお金を借りることは、少しポイントを押さえることができればカンタンです。安心して申し込みしてみてください。また、それでも心配な方は担当オペレーターにバレたくない意思を伝えることによってオペレーターが親切に対応してくれます。

    在籍確認なしでお金を借りれる?

    カードローンを契約してキャッシングしたいけど、勤めている職場に電話がかかってくるのがネックになっている人もいらっしゃると思います。

     

    在籍確認

     

    消費者金融でも銀行カードローンでも、契約時は在籍確認は避けては通れません。

     

    基本的に在籍確認は「勤務先への電話連絡」によって行われます。

     

    勤務先への電話は、個人名でかかってくるのでバレないといえばバレないですが、コミュニケーションがしっかりと行われているような職場に勤めている場合は、「クレカ申し込んだので電話がある」といったことを共有しておくと一番スムーズです。

     

    とはいえ、「やっぱり心配・・・」

     

    そういった方は、電話連絡以外の方法で在籍確認をしてくれるモビットがオススメです。

     

    モビットのWEB完結なら職場への電話連絡・郵送物なしなので安心です。

     

    モビットのWEB完結を出来る条件は、「三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座をお持ちの方」で「社会保険証(全国健康保険協会発行の保険証)か組合保険証をお持ちの方」となります。

     

    モビット

    消費者金融でお金借りる

    消費者金融

     

    消費者金融というと胡散臭さを感じる方も少なくありません。しかし、すべて貸金業に則った正規業者なので、自分の身の丈に合った借り方をすれば強い味方になってくれるサービスです。

     

    この消費者金融は、大手と中小に大別されます。

     

    大手消費者金融

    アコム、プロミス、アイフル、レイクALSA、SMBCモビットといったテレビCMでもおなじみのサービスです。アイフル以外は銀行傘下の消費者金融で、どのサービスも無利息や即日融資などお客様満足度を上げるサービスを展開しており、当サイトでも一押しの借入先です。

     

    中小消費者金融

    街金とも呼ばれる中小消費者金融ですが、地域に根ざして営業しているところもあれば、全国展開して無利息サービスなどサービスを拡充しているところもあります。闇金と混同している人も少なくないですが、闇金は違法業者で中小消費者金融は、合法の貸金業者です。

    銀行でお金を借りる方法

    銀行

     

    銀行でお金を借りる場合、まずどういった種類のローンがあるのか?ということですが、

    • カードローン・・・生活費など限度額内なら自由に借入れと返済を行えるもの
    • フリーローン・・・カードローンと違い借入れ回数は1回のみとなっているローン
    • 住宅ローン・・・住宅の新築・リフォーム・土地購入のための借入れ
    • マイカーローン・・・車を購入するための借入れ
    • 教育ローン・・・進学などの教育関連に限られた借入れ
    • ブライダルローン・・・挙式・披露宴、婚礼衣装、結婚指輪、新婚旅行など結婚資金に限られた借入れ

    などの種類があります。目的によってどのローンを利用するか?ということになるわけですが、この中で、最も手軽にお金を借りやすいのがカードローンorフリーローンです。

     

    来店不要で、保証人や担保が不要で借りれますし、使いみちも自由です

     

    その他のローンはそれなりの手続きが必要となるので時間と手間がかかりハードルが高いといえます。

     

    また、銀行のカードローンは、消費者金融と比較すると低金利で借りれるというメリットもありますし、総量規制の影響も受けないので専業主婦でも申し込めます

     

    年会費や入会費がかかるものでもないので、1枚もっておくといざという時に強い味方になります。

     

    銀行のカードローンに関しては、やはり普段からよく使っている銀行のサービスを利用する方が多いですが、みずほのようなメガバンクでは全国対象で融資を行っているので利便性が抜群です。

     

    ⇒おすすめ銀行カードローンはこちら

     

    カードローンを利用してお金を借りる際の審査

    お金を借りる際、消費者金融であれど、銀行カードローンであれど、審査に通過してはじめてお金を手にすることができます。

     

    お金を借りる審査

     

    「審査」と聞くと明確な審査基準を知りたいところですが、各金融サービスそういった具体的なことは公表されていませんので、わかりにくいといえばわかりにくいです。

     

    ただ確実なポイントは、「返済能力があるかどうか?」ある意味ここに集約されているといっても過言ではありません。

     

    まず、普通に正社員で安定した収入がある方はそれほど審査に対して心配する必要はありませんので安心してください。

     

    一方で、審査に通過しにくい方を5つにまとめていますので、チェックしてみてください。問題がありそうな方は、問題を取り除いてから申込んだほうが得策です。

     

    勤続年数が浅い

    勤続年数1年未満の方は、審査落ちする可能性が高い傾向にあります。あと少しで1年!という方は、そのタイミングを待って審査に臨むというのも一つの作戦です。

     

    クレジットカードを保有していない

    クレカを生まれて一度も持ったことがないということは、一度も金融サービスに返済の実績を作ったことがないということになります。こういったある意味キレイ過ぎる方は、ハードルの低そうな年会費無料のクレカを作って実績を残してからの方が、カードローンの審査通過率はアップします。

     

    申し込みの際の入力に不備や嘘がある

    急いでいる時であっても、審査をクリアーするためには、申し込みの入力は正確にすることを心がけましょう。また、嘘も確実にバレますので厳禁です。

     

    申し込みブラック

    複数の金融サービス(クレカ含む)に同時期に申し込みをした人は、申し込みブラックつまり、多重申込とみなされています。そういった方は6ヶ月間待って、CICなどの信用情報機関から情報が消えてから申込む必要があります。

     

    他社借入件数が多い

    4件以上のサービスから借入をされている方は、新規の金融サービスの審査に通過することは厳しいです。また、消費者金融は総量規制の対象なので他社から年収の3分の1以上借入れていた場合は、法律により審査に通過することはありません。

     

    ⇒最新カードローンランキングはこちら

    金融事故を起こしているようなブラックでもお金を借りれる?

    「金融事故」と聞いてもピンとこない人もいらっしゃるかもしれません。

     

    金融事故とは、文字通り、金融関係で事故を起こしている状態です。

     

    ブラック

     

    具体的には、過去に借金をしており、借金を踏み倒してしまったような場合(債務整理などをしている場合)や、毎月の返済をしっかりしていなかったような状態の人です。ブラックリスト(ブラック)と聞けば、理解しやすいかもしれません。

     

    ブラックリストに載ってしまいますと、しばらくの間は、借金ができません。当然です。しっかり返済できないような人に、どのような金融機関でも、融資をしようとは思わないはずです。

     

    逆に言いますと、ローンを抱えており、毎月の返済をしなければならないような状態の人でも、しっかり毎月の返済をしているならば、キャッシングを利用してお金を借りることができるということです。

     

    しかし、住宅ローンなどの返済だけでもかなり厳しいような人は、それ以上の借金を抱えますと、ローンの返済ができなくなってしまいます。

     

    キャッシングサービスを利用するとそれなりの金利を支払うことになります。リボ払いなどの分割払いにすれば、毎月の返済など、簡単にできると勘違いしてしまう人もいると思うのですが、塵も積もれば、借金は知らない間に大きくなる可能性があります。しっかり返済ができなければ、支払遅延の特別に高い金利が課されてしまいますし、多重債務者になってしまう事も考えられます。

     

    最終的には、全ての財産を失ってしまうような破産の手続きをしなければならない状態になりますので、カードローンは計画的に返済出来る範囲で利用するという心構えが大切です。

     

    ⇒お金を借りる最新のカードローンランキングはこちら

    無職でお金借りれる?

    無職

     

    失業中で、無職では「収入がない人」と金融機関からみなされますから、カードローンを契約して借入れすることはできませんので、あっさりと選択肢から外すことをおすすめします。

     

    無職でお金を借りれるとしたら、「無審査でお金を借りれる方法」ということで限定されていきます。

     

    質屋にブランド品を持ち込むであったり、生命保険の契約者貸付制度でお金を借りるなどが考えられます。

     

    銀行に定期預金がある場合は、定期預金担保貸付で現金を引き出すという方法もあります。

     

    こういった方法を用いて、金策をするのも一つですが、その場しのぎのやり方といえるでしょう。

     

    やはり、正社員で雇ってもらうことが無理なら、派遣社員に登録したり、アルバイト先を見つけるなりして定期的な収入を得ることからスタートして徐々に財政状況を改善していくことが望ましいです。

     

    また、注意点として「無審査でもOK」「「他で断られた人でも電話一本で融資」「ブラックでも即日融資」などいった謳い文句で近づいてくる業者は、ほぼ違法な闇金業者ですので絶対に借りないことです。

    市役所でお金を借りる

    カードローンや消費者金融に抵抗のある方は、「なるべく安全に公的機関からお金を借りることができないか?」

     

    と考える方もいらっしゃるかと思います。

     

    市役所で借りる

     

    そういった方は、市役所でお金を借りることを検討してみてもいいかもしれません。金利面でいうと民間のサービスよりも低金利で借りれます。

     

    市役所でお金を借りる制度を「生活福祉賃金制度」といいます。この制度は、一時的に貸付することによって自立した生活を送れるようにすることを目的としたものです。

     

    この生活福祉賃金制度とは、4つの種類から成り立っています。

    1. 総合支援資金
    2. 福祉資金
    3. 教育支援資金
    4. 不動産担保型生活資金

    このような生活福祉賃金を受けられる対象は、

    1. 低所得世帯
    2. 障害者世帯
    3. 高齢者世帯

    となっています。

     

    収入が少なく、生活費に困っているケースは、総合支援資金を利用することになります。

     

    金利は、1.5%となっており、保証人をつけることができれば無利子で借りることもできます。

     

    審査内容や提出する書類などは、事業所によって異なるのでまずは、市役所の窓口に相談することからスタートです。また、こういった公的融資を受ける場合は、「即日」融資といったことは無理です。基本的に審査に1〜2週間程度かかります。
    急を要する時は、民間の消費者金融や銀行カードローンで金欠を乗り切ることを考えたほうがいいでしょう。

     

    ⇒民間の即日キャッシングランキングはこちら

    郵便局でお金を借りる方法

    お金が必要になった時、近所の郵便局で借りれないかな?という方もいらっしゃると思います。

     

    郵便局が窓口になっているゆうちょ銀行では、もちろん銀行事業を行っているので、お金の貸付けを行っています。

     

    ゆうちょ銀行での借入れのやり方ですが、

    • スルガ銀行のローン
    • クレジットカード(JP BANK カード)のキャッシング枠
    • 貯金担保自動貸付け
    • 財産形成貯金担保貸付け
    • 国債等担保自動貸付け

    が考えられる選択肢です。

     

    スルガ銀行のローン

    ゆうちょ銀行は、スルガ銀行のローンを代理業者として媒介しています。住宅ローン・カードローン・パーソナルローン(目的別ローン)などの商品を取り扱っています。

     

    クレジットカード

    ゆうちょ銀行でも、JP BANK カードというクレジットカードの発行を行っており、JP BANK カードにキャッシング枠を付帯することによって、クレジットカードからお金を引き出す事が可能です。

     

    貯金担保自動貸付け

    ゆうちょ銀行の貯金がある方は、それを担保にして借入が可能です。

     

    財産形成貯金担保貸付け

    財形定額貯金、財形年金定額貯金又は財形住宅定額貯金がある方は、それを担保にして借入れができます。

     

    国債等担保自動貸付け

    ゆうちょ銀行及び郵便局の貯金窓口で購入した利付国債及び個人向け国債がある方は、それを担保にして借入れができます。

     

    親や親戚や友達からお金を借りること

    お金を借りる親

     

    他者に依存している方に特に多いのが、お金を工面しないといけない時、真っ先に自分に近い人間にお金を借りるという選択をしてしまうケースです。

     

    これは、未成年の方ならまだしも、成人になってから親のスネをかじるようでは本当の意味で自立できません。また、お金を借りる際に色々と変な言い訳を考えたりするわけですが、精神衛生上も良くないです。

     

    たとえお金を借りたとしても、甘えが出て返済ができなかったりして、「お金を借りたら返す」という当たり前の行動が身につかないので、親に頼る選択肢は捨てた方がいいです。

     

    また、友達も同様に、大切な友達ならなおさら借りない方がいいです。もし、返さなかったら、確実に信頼を失いますし、「お金にルーズな人」という噂が友人間で広がり取り返しのつかない事態になります。

     

    想像以上にお金で人間関係を壊してしまうケースは多いということを肝に銘じた方がうまくいきます。

     

    現在は、ネット社会で誰にもバレずにしかも、無利息で乗り切れる金融サービスは沢山存在します。こういった民間のサービスをしっかりと活用して金策していきましょう。

     

    ⇒民間のキャッシングランキングをチェック!

     

    クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる

    クレカでお金を借りる

     

    クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠という機能が備わっています。

     

    クレジットカードをお持ちの方は、ショッピング枠は、通常の買い物やネットショッピングなどで身近に使われていると思いますが、キャッシング枠は、なんとなく抵抗があって利用していないという方も多いと思います。

     

    しかし、このキャッシング枠は、現金を引き出せる機能なので一度利用すると非常に利便性の高いツールであることが理解できてしまいます^^

     

    キャッシング枠を利用するためには、キャッシングの限度額が設定されていないと利用できないので、まずは、お手持ちのクレジットカードのコールセンターに連絡して、キャッシング枠がどれぐらいあるか確認してみましょう。

     

    キャッシング枠があれば、近所のコンビニATMにいけば、すぐにその場でお金を借りることができます。

     

    キャッシング枠がない場合であっても、コールセンターに利用したい旨を伝えて審査してもらうこともできますし、クレジットカードを即日発行できるアコムACセンターなどで審査申込みして、クレジットカードを発行して、最寄りのATMで即日お金を借りることもできます。

     

    このように、クレジットカードだけでお金をやりくりできるようになると、消費者金融などでリスクをとって、借りる必要はないので、まずはお手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を確認することからスタートしてみてください。

    お金借りるなら金利が安いことろがいい?

     

    お金借りる金利安い

     

    どうせお金を借りるなら、金利が安いほうがいいに決まっていますよね。

     

    「金利が安いところは?」それは、ずばり消費者金融ではなく、銀行のカードローンです。

     

    カードローン 金利
    みずほ銀行
    カードローン
    年2.0%〜14.0%
    三井住友銀行
    カードローン
    4.0%〜14.5%
    三菱UFJ銀行
    カードローン
    1.8%〜14.6%
    オリックス
    銀行
    カードローン
    1.7%〜17.8%

     

    銀行のカードローンの最大のメリットは、金利が安い点にあります。

     

    銀行カードローンの上限金利は、約14%に対して、消費者金融になると、約18%です。約4%の差があると考えていいです。

     

    長期的にやりくりしていくなら銀行カードローンは持っておいて損はないです。ただし、消費者金融より審査が厳しい傾向にあるので、ハードルが高いです。

     

    その点、消費者金融は、銀行のカードローンより金利はやや高いですが、無利息サービスを実施している所も多いので、短期で返済予定の立っている方は、利息を1円も払うことなく、お金を用立てることもできるのです。

     

    金利だけに重点を置いてカードローンを選ぶ方は、銀行カードローンがおすすめですが、無利息や即日借りれるといったメリットも考慮すると、消費者金融もあるということを頭にいれてカードローン選びをすることをおすすめします。

     

    街金でお金を借りるのはリスク高い?

    街金で借りる

     

    街金と聞くと、闇金と混同して「引いてしまう」人も少なくありませんが、闇金とは区別して考える傾向が強くなっています。

     

    基本的に

    • 街金は、合法
    • 闇金は、違法

    です。

     

    闇金には、決して手を出さないほうがいいですが、街金は、法律に基づく正規の貸金業者なので、ご自身のニーズに合えば利用することは決して悪い選択肢ではありません。

     

    同じ街金でも言葉の通り、街の中の雑居ビルの一角に事務所を構えているような昔ながらの業者もあれば、全国展開して、大手のアコムやプロミスなどに負けじと、無利息や来店不要での貸付けなどのサービスを充実させているところもあり、様々です。

     

    街金の審査に関しては、大手消費者金融で審査落ちした属性の方が申込むケースが多い傾向がありますが、大手消費者金融より審査に通りやすくはありますが、安定した収入がないと、落ちる可能性は当然あります。誰でも借りれるわけではありません。

     

    街金の一般的な借入限度額は、少なめです。10万円程度借りれれば御の字と考えておきましょう。街金は、基本的に小口融資なので、大口融資希望の方は街金での借入れは不向きです。

     

    また、街金の業者名と全く同じ名前で運営する闇金が跡を絶たないので、焦っていても、騙されないように注意する必要があります。

     

    生活サポート基金でお金を借りる

    生活サポート基金

     

    耳慣れない方も多いと思いますが、「一般社団法人 生活サポート基金」という一般社団法人があり、その中に貸付を行っている事業が存在します。

     

    事業の概要としては、

    • 生活相談
    • 生活再生資金の貸付事業(生活再生ローン)
    • 東京都多重債務者生活再生事業
    • 個人再生ファンドの募集

    を行っています。

     

    この中でも生活再生資金の貸付事業(生活再生ローン)が、お金を借りれる事業になるわけですが、お金を借りれるといっても、対象エリアが限定されていて、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県となっていて、貸金業法の適応対象となり、総量規制の対象となります。

     

    貸付対象者は、いわゆる「訳あり」の方となっており、多重債務者や生活困窮者、経済的な理由により進学や修学の継続が困難な場合などが対象です。

     

    貸付には、審査があり、誰でも借りれるわけではありません。

     

    融資利率は、年12.5%以内(遅延損害金利率年利14.6%)となっており、銀行のカードローンより安い金利となっています。

     

    ただ、連帯保証人が必要となってきます。ここが一般的なカードローンとの決定的な違いとなります。

     

    事業資金としてお金を借りる

    事業資金

     

    事業資金でお金を借りる際は、

    • 日本政策金融公庫
    • 銀行・信金で融資
    • ビジネスローン

    という選択肢が考えられます。

    日本政策金融公庫

    日本政策金融公庫は、国が100%の出資をしている金融機関で、中小企業の経営者がまず着目すべき金融機関です。

     

    昔「国金(こっきん)」と呼ばれていた国民生活金融公庫という金融機関がありましたが、それを引き継いだものと考えればわかりやすいです。

     

    「普通貸付」「新企業育成貸付」「企業活力強化貸付」「環境・エネルギー対策貸付」「企業再生貸付」など様々な無担保・有担保ローンがあり、低金利で事業資金を調達できます。

     

    必要書類などが多いため、しっかりと準備や段取りが必要です。

     

    日本政策金融公庫の公式ページ→https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/index.html

     

    銀行・信金で融資

    新規の開業資金や運転資金を借りることができますが、審査に通過するのはかなりハードルが高いといえます。

     

    ビジネスローン

    スピードを重視するなら、ビジネスローンを利用するのが最適です。総量規制対象外となるので、カードローンより大口を借りれる可能性があります。
    個人事業主向けのビジネスローンとして、アコムビジネスサポートカードローン・プロミス自営者カードローン・アイフル事業サポートプラン(無担保ローン)・オリックスVIPローンカードビジネス・ビジネクストなどがあります。

    参考サイト

     

    今日5万円借りたい!そんな時は、下記のサイトに5万円借りる方法が詳しく掲載されています。

     

    5万円借りる方法

     

    5万円借りる方法

    page top