約束手形

MENU

約束手形

約束手形は一般的に使われる手形で、ビジネスをする時によく使われる方法です。この手形は1ヶ月から4ヶ月後にお金を支払う約束をして、一時的に支払いをしなくてすむものです。ビジネスをする時に手元にお金がない場合は、約束手形を使えば支払ったことにできます。ただし後で手形の支払いができないと、金融機関との取引を停止されることもあるため注意もいります。

 

約束手形

 

約束手形はいつまでに支払うべきかという基準はなく、長期間支払いがないタイプのものもあります。長期間支払いのないタイプでは、十ヶ月ほど支払いまで時間がかかる種類も存在します。支払いまでに時間のかかる約束手形は特殊で、普通は長期間支払いまでにかかることはありません。長期間支払うまでに時間がかかることは、それだけリスクがある手形だと周りから判断されます。

 

それを考えるとあまり長期間返済に時間がかかるものはよくないため、30日から120日を期限にしたものが多いです。約束手形は色々な用途に使うことが可能で、企業間の取引では現金の代わりに使えます。ビジネスでは手元に資金を残したい時も多いですし、そういうときは手形を発行して支払いの代わりにします。ただ手形は正確に支払いをしないと企業の信用に関わるため、無理に発行するのはリスクがあります。

 

特に金融機関は約束手形に対して厳しくチェックをしますから、適切な形で使うことが大事です。約束手形は企業間取引でよく使われるもので、一般的には30日から120日程度たった頃にお金の支払をします。手形を発行する時は代金の支払いに使われることや、他の業者の請求に対して使うこともできます。

 

この制度を利用する時は最初に金融機関と契約をし、その条件に合った形で利用します。約束手形は信頼関係があって成立するものですから、企業に対する信頼がなければ上手く行きません。そういう特徴はありますけど一般的に使われているものなので、効果的なビジネスをしたい時に利用されています。