取り立て

MENU

カードローンの取り立てって本当にあるのかどうか

グレーゾーン金利時代のカードローンは取り立てが非常に厳しいものでした。電話で大声で説教をされることは度々あったものです。実際に訪問してくるケースは稀でしたが、地元の街金だと家までくることもありました。当時の消費者金融は恫喝をして取り立てをすることが多々あり、よく社会問題になっていたものです。現在は厳しい取り立ては法的に制限されており、カードローンの返済を遅延しても恫喝的な態度を取られることは減りましたが、やはり多少の説教は受けます。

 

取り立て

 

延滞してもすぐに取り立てが始まるわけではなく、最初は優しい口調でいつまでに返済できるのか聞かれます。黙って延滞せずに延滞することを業者に伝えておけば、信用を急激に落とすことはないでしょう。この場合もいつまでに返済できるのか明確にしておく必要があるでしょう。注意したいのはいつまでに返済できるか明確にできない場合であり、こうなると頻繁に取り立てを受けることになります。数日置きに連絡がきて、入金日を聞かれるようになるでしょう。

 

最初の1〜2週間くらいは優しく対応してくれますが、長期の延滞をすると業者の態度が変わってきます。カードローン業者には専属の回収スタッフが在籍しており、彼らが対応を始めると口調も厳しくなってきます。男性なら低音で返済日を迫ってきますし、業者によってはスタッフがタメ口で話しかけてくることもあるのです。いずれにしても長期延滞をするメリットは何もありません。

 

カードローンを安全に利用するためには、延滞しないことが何より大切です。延滞してしまう理由はほぼ決まっており、借りすぎて利息の支払いができなくなるからです。借入が膨らんでしまうほど利息も比例するように大きくなりますから、カードローンはなるべく追加融資を受けないように利用するのがコツとなります。街金は現在でも取り立てが厳しいところが多く、1日遅れるだけで説教を受けてしまうことがあります。大手は比較的優しく、特に銀行と提携している業者は対応が丁寧です。