お金を借りる前に!知っておきたい制度:障害年金受給者の審査について

国民年金や厚生年金、共済年金、障害年金等でも一般的には年金のみが収入という方が金融業者でお金を借りる時には敬遠される傾向にあります

 

年金受給者

 

しかし、全ての業者で断られるわけではなく、中には年金のみ収入でも借入が可能な所がありますが、年齢制限に引っ掛かってしまう場合もあり、多くの業者では成人以上で65歳未満の現役世代への融資を行っており、中にはさらに高齢でも融資を行っている業者もありますが、年齢制限や年金のみ収入は審査では不利に働く事が多いです。

 

国民年金や障害年金受給者等は職を持たない方が多いですから、こういう時には自営業と申告して申込を行う事は審査通過のコツであり、申込額が1社から50万円、複数社合わせて100万円までの場合には収入証明書の必要もなく、自己申告する属性による審査になり、審査に通る可能性が高いです。

 

自営業者では収入証明書類を提出する事を求めてくる業者もあり、そういう場合には通用しないですが、収入証明の必要が無い範疇での借入であり、自己申告の属性での審査を進めてくれる業者ならば、年金のみが収入である場合ではお金を借りる事が出来る可能性はあります。介護や医療目的での借金ならば年金担保貸付を活用するのも1つです。

 

また、高齢者の方でも安定した収入がある方なら、「プランネルフリーローン100」というサービスが年齢制限20〜85才まで対象に融資を行っています。