質屋でお金借りる仕組み

MENU

質屋でお金借りる仕組み

質屋でお金借りる

 

質屋でお金借りる仕組みと消費者金融・クレジットカード会社でお金借りる仕組みの違いは質草(質に入れる品物)が必要かそうでないかです。消費者金融・クレジットカード会社でお金借りる場合は担保が必要ありませんが、返済が滞ると催促状が届いたり法的手段を用いられて家財・給料が差し押さえられることになります。しかし、質屋の場合は担保が必要となるものの、その品物に見合った価値の金額の貸付が受けられる仕組みなので、返済が滞ったとしても預けた品物が返ってこないだけであって、法的手段を取られて家財・給料の差し押さえといった心配もありません。

 

つまり、質屋は融資が受けられる価値を持った品物を一時的に預け入れることでお金を借りることができる、借りた金を返済すれば預けた品物が返ってくる。ただ、期限までに元本や利息の支払いが行わなければ質屋に所有権が移行するといった仕組みでお金借りることができるというわけです。ですから、質屋は単に貴重品やブランド品などを売るだけの事業者・店舗ではないということです。預かり期限は原則として3ヶ月間ですが、営業法に基づいて店舗ごとに設定された質料を支払うことで延長させることができます。

 

起源は鎌倉時代という長い歴史を持つ質屋ですが、基本的には質預かり時の利息と質流れ品が売れた時の差額が利益になりますから、物の価値の見極めや販売のタイミングが重要になる事業です。また、質屋には「質入れ」と「買取」の2種類の利用方法があり、質入れは前述した通り品物の預けることにより価値に見合った融資が受けられるサービスですが、買取は原則として一度売ってしまうと預けた品物を返してもらわない場合がほとんどなので、リサイクルショップで不用品を買い取ってもらうのと同じ意味合いになります。

 

質屋は高金利・預けた品物に保管期間が存在する・査定金額以上の融資が受けられないなどのデメリットがありますが、一方で督促の連絡などもないため家族にバレずにお金借りることができますし、品物を担保に貸付を受けるシステムなので、属性を気にしたり取り立てにおびえる必要もなくお金借りることができるメリットがあります。