専業主婦がお金を借りる

MENU

専業主婦がお金を借りる方法について

「お金を借りたい」と思う瞬間は、人によって違うとはいえ「まったくない」とは言い切れません。どれほど慎重に日常生活を送ったとしても、またどれほど綿密な将来設計の下で貯蓄をしていったとしても、突発的な事情で急にお金が足りなくなってしまう状況は起こり得ます。

 

専業主婦

 

そんな時、社会人ならば「カードローンでお金を借りる」という選択も比較的容易にできますが、それは【働いているから】です。そもそも、カードローンを利用するためには「本人に収入があり安定していること」が最低条件です。収入がない人または安定性に乏しい人は、返済能力がない(低い)と判断されてしまうため、カードローン契約を結ぶことが困難です。専業主婦の場合は働いていないので、当然ながら通常はお金を借りることはできません。

 

しかし、専業主婦に関しては「特例的にお金を借りる方法」が存在しています。その方法を「配偶者貸付制度」と言い、本人の収入だけでなく配偶者の収入も総合して契約することができるものです。しかし、配偶者貸付制度は【総量規制対象外が条件】となるため、通常の消費者金融では借りられないので注意が必要です。

 

総量規制対象外となる「銀行系カードローン」は、契約者の年収に対して明確な限度額制限が設けられてはいません。そのため、本人の年収ではなく配偶者の年収を基にして契約をすることができる配偶者貸付制度が可能になります。あくまでも本人の年収よって限度額が制限される環境では、年収0円の段階ですでに可能性がなくなってしまいます。

 

配偶者貸付制度を利用できるかどうかは、申し込みをするまで分かりません。もっとも、その可能性があるのかどうかはWEBサイトなどでも確認ができますが、申し込みをしたとして契約できる可能性があるのかどうかは審査を受けて初めて判断できます。その際、適当な判断ができなければ「申し込みブラック」になる可能性があるほか、配偶者貸付制度を利用するためには「配偶者の同意」「収入証明」「婚姻の証明」が必要になります。