プチキャッシングとはなんぞや

消費者金融や銀行のどちらからお金を借りるにしても、まずは借入れできる条件に合っていなければなりません。消費者金融は総量規制で収入の3分の1までしか融資ができない決まりになっていますが、総量規制対象外の銀行は収入に関係なく融資することができます。そのため、収入の無い専業主婦は消費者金融からお金を借りことはできませんが、銀行なら借入れすることが可能となります。

 

消費者金融や銀行のどちらからお金を借りるにしても、まずは借入れできる条件に合っていなければなりません。その条件は会社によって違いますし、消費者金融と銀行では大きな違いがあります。急いでお金が借りたい人は、審査が早く即日融資も可能な消費者金融に申し込むのがいいでしょう。早い消費者金融では、審査が最短30分というスピードで、審査に通れば即日融資も受けられます。

 

多額の融資額で安い金利で借りたい人は、銀行のカードローンです。銀行は消費者金融に比べ審査は時間がかかり即日融資を受けるのは難しくなりますが、借入れ限度額は最高1千万円までの銀行もあり、まとまった大金を借りたい人は銀行で申し込むといいでしょう。消費者金融も銀行も、借入れ金額が多くなるほど審査は厳しくなります。

 

キャッシングは、住宅ローンなどのように担保や保証人がなくても借入れできる分、お金を貸しても利息を付けてきっちり返済してくれる信用できる相手かを審査で調べ判断しなければなりません。見ず知らずの相手に融資をするということは、信用できる相手かは、勤務先や勤続年数、収入と、今までに延滞や未返済をしたことがないかで判断するのです。延滞や未返済をした人は、審査に通ることは難しくなります。

 

プチキャッシング

 

また、学生や主婦、アルバイトなどの収入の少ない人や初めて利用する人は審査に通っても、借入れ限度額は小額になります。こういう人は、審査に通りやすい限度額を10万円以内にすることです。小額を借りて、不足するたびに1万円のプチキャッシングするのがお勧めです。