任意整理中 お金借りる

MENU

任意整理中にお金を借りることは可能?

債務整理をすればお金を借りることはできなくなることは有名ですが、これは債務整理中にも言えることなのです。債務整理の手続きを開始した時点から借金をすることはできません。これは自己破断だけでなく任意整理にも該当します。個人信用情報にデータが残っていることも理由ですし、何よりお金を借りても問題は解決しません。任意整理をすると5年間はローンを利用できませんが、この期間はペナルティと考えられているのです。

 

任意整理中

 

任意整理中のお金を借りることができる方法があるとすれば、知り合いから借金をするしかないでしょう。親や友人などから個人的に借りる分には、個人信用情報機関に登録されることはないですし、個別の審査を受けるわけでもありません。あくまで個人間での貸し借りに関しては個人再生や自己破産の手続き中でもまったく問題はないのです。

 

任意整理中にお金を借りたいという方の多くは、弁護士報酬が不足している、生活費が足りないなどが理由でしょう。確かに企業が破産をする場合は債務額によっては700万円以上の現金が必要となりますが、個人でする場合は40〜50万円程度になるのが一般的です。任意整理だと1件あたり3〜5万円程度と安くなりますし、いずれの債務整理も分割による支払いに応じてくれるのが普通です。つまりは弁護士に支払うべきお金を用意できなくても、それが原因でお金を借りる必要はありません。

 

生活費が足りないという理由もありますが、債務整理は借金を減額して生活を立て直せるレベルまで債務を減額するものです。任意整理だと生活費が欠乏するという状況なら、個人再生や自己破産といった方法を選択することになるでしょう。債務整理には借金癖から抜け出すという意味もあるため、借金をして一時的にその場をしのぐやり方は改善していく必要があります。お金を借りることなく現金の範囲で生活を組み立てるようにしましょう。借りたお金には利息が発生するので、借りた以上に返済しないといけなくなります。