車を担保にお金を借りる方法

MENU

車を担保にお金を借りる

古くから誰かが高額貸付を行う際に回収不能になるリスクを減らす方法として存在しているのが担保の要求です。現代でイメージしやすく言うと建築したマイホームを担保としてお金を借りる住宅ローンがありますし、ややマイナーながらも定期預金を担保とすることで定期預金を解約することなくお金を借りる定期預金担保貸付などもあります。

 

車担保

 

さて、こういった借金に共通しているのが「換価できる財産を用いてお金を借りる」ということなのですが、現代における財産のなかでも非常にポピュラーなものとして存在しているのが車です。車は実用品であると同時に容易に換価可能な財産でもあるため、これを担保とした貸し付けもやはり存在しています。例えばマイカーローンなども「返済ができなかった場合は債権者に対してその車を譲渡して債務を履行する」という規定が含まれていますから、やはり車は担保になりえる存在といえるのです。

 

ただ一点だけ注意が必要なのは、この車を担保にする金融として存在している「自動車金融」の存在でしょう。これは例えば「乗ったままでもすぐに融資します」や「車検証だけで即融資」といったような広告を出している業者が該当するのですが、これも仕組みとしては先ほど触れたのと同様に、返済ができなくなれば車の権利を譲渡するという規約を受け入れることでお金を借りる方法となっています。

 

しかしながらこうした借金はかなり高い確率でトラブルのもとになっているという点には非常に強く注意をせねばなりません。すべての業者が違法業者、いわゆる闇金であるとは言えませんが、それでも全体から見ればこういった方法でお金を貸し付けている事業者にはグレーなところが多く、気楽に利用できるからこそ問題も起きやすいわけです。もちろん命がかかっているような状況であれば四の五の言っていられないということもあるでしょうが、担保を請求されるということは非常に重要なことですから、契約の前には規約をよく読み、よく考えてから契約するようにしましょう。