自動車ローンの審査基準

MENU

自動車ローンの審査基準について

なぜか自分が自動車ローン審査基準に通らなくて、頭を抱えているという方々の中には、金融事故を起こしてしまっていた人も少なくありません。

 

自動車ローン

 

特に金融事故の中で多いのが長期延滞で、ローンやクレジットカードの支払いを、2ヶ月から3ヶ月以上延滞してしまったというパターンです。その程度の延滞であれば特に問題ないだろうと考えてしまう人も多いのですが、長期延滞は自動車ローンの審査基準に大きく影響するので注意をしてください。ローンやクレジットカードの支払いだけでなく、携帯電話の機種代金や奨学金の支払いで、長期延滞を起こしてしまった際にも審査に悪影響を与えてしまいます。債務整理や代位弁済や強制解約などの金融事故も、金融業者から要注意人物と思われる原因になるので気を付けてください。

 

年収が200万円以下という人も、自動車ローンの審査基準に落ちてしまう可能性があるのですが、これは金融業者によって判断が違ってきます。金融業者次第では、年収100万円以上であれば貸し出しの対象となる事もありますし、年収300万円未満は審査落ちの対象となる場合もあります。まずは金融業者に関する情報収集をして、自動車ローンの申込資格の中に、年収に関する情報が無いか調べる事を忘れないようにしてください。

 

すでに企業に就職しているにも関わらず、審査基準を満たせずに落とされたという人は、勤続年数が足りていない可能性があります。勤続1年未満の人は審査基準を満たしていないと考える金融業者も多いですし、勤続2年未満も審査で落とされる可能性があるので注意が必要です。自営業の人も同じく勤続年数を重視して審査が行われますから、自動車ローンの審査を受けるべきタイミングを意識しながら、自動車の購入を考えてください。