お金を借りる際の言い訳

MENU

お金を借りる際の上手な言い訳

お金を借りる上手な言い訳は、本来なら率直に誠実に頼む事がお金を借りやすくするポイントになります。しかし、貸す側にとっても何の理由も無く貸すのは不安になるため、現在お金が無い事、どんな目的や理由でお金を借りたいのか、どの様な方法で今後返済していくか正直に話をする事が大事になっていきます。貸す側にとって一番困る事が、特に友人などの場合は、返済が遅れた場合に催促しにくい事にあります。銀行や消費者金融などのキャッシング業者であれば、返済期間が来たら必ず請求書や督促状を送付する事で、早期返済の勧告をする事ができますが、友人知人など親しい関係の場合は、お金の話を中々切り出しにくいデメリットがあります。そこで、必ず給料日などを相手に知らせ、返済プランがしっかりしている事を伝えてお金を借りる様にします。

 

どうしても上手な言い訳をするのであれば、冠婚葬祭が重なったなどの理由を伝えます。貸す側にとっても共感が得られやすい理由が、冠婚葬祭を絡めた借金の依頼になります。友人達も何度も結婚式や葬式が続く訳がないと思い、来月ならば必ず返済できるだろうと考えやすくなります。常にお金がないなのどの理由ではなく、今回はたまたま出費が重なってしまった事をアピールします。貸す側にとって返済できないかもと言う不安をとにかく払拭する事が大事になります。その他にも、家族や親戚などが入院する又は手術するなどの言い訳も良いです。特に切羽詰まった状況を説明し、保険給付などが後日である事を説明すれば、相手も同情しながら貸してくれる可能性も高くなります。もちろん借りる時は必ず借用書を書いて相手に安心させます。

 

中にはただでお金を貸す事を拒む方もいますが、きちんと利息を付ける旨を説明すれば貸してくれる可能性も高まります。利息は安くても貸してくれない事があるので、10%程度の利息が目安となります。1度に返済する事ができない場合は、その返済期日を含めた返済計画書を作成して依頼すると良いです。