派遣社員がお金を借りる

MENU

派遣社員がお金を借りる方法に関して

派遣社員

 

派遣社員が金を借りたい時に、考えられる方法としては、身内や友人にお金を借りる方法が挙げられますが、もしも身内や知人にお金を借りることを断られた場合には、それ以外にお金を借りる方法としてはカードローンなどを利用することになるでしょう。

 

しかし派遣社員の場合には、正社員よりも給料が少なめなので、金融会社から金を借りるのは難しいと思っている人も多いでしょう。派遣社員も正社員でも、カードローンを利用する場合には、審査に通らなければ借りることはできません。近年のカードローンでは年収の基準がそれほど重要ではなくなっています。もしも派遣社員でお金を借りようと思っている場合に、心配だが、消費者金融系のカードローンを利用すると良いでしょう。もしも年収が高めで勤続年数も長く、審査を通過する自信があるのであれば、銀行系のカードローンがよいといえます。

 

カードローンを利用する際には、審査に通過した後、本当にその会社に在籍しているかどうかを調査するための在籍確認が行われます。派遣社員の場合には砕石確認ができないとしたいする人も多いでしょう。確かに派遣社員の勤務形態は特殊であるといえます。雇用形態を結んでいるのは派遣元ですが、実際に働いているわけです。派遣社員の人に対する在籍確認の方法は金融会社によって異なります。一般的なケースでは、派遣元の会社に連絡がいくことが多いと言われています。もしも派遣元に電話がかかってきた時に、会社が個人情報誌でしか移動できないという返事をした場合には、審査に通過しにくくなるといえます。どうしてもカードローンを利用したい場合には、派遣元の会社に、カードローンを利用する旨を伝えるのではなく、クレジットカードを申し込んだので在籍確認の電話があると伝えておくと安心です。近年ではクレジットカードの申し込みは、特段変わったことではないので、特に怪しまれたり、マイナスのイメージをもたれることはないでしょう。