クラウドファウンディングでお金を借りる

MENU

クラウドファウンディングでお金を借りる

クラウドファウンディングが普及してきたことから、個人が事業を始める際にお金を借りる方法も変化してきました。

 

実業家で有名な堀江貴文さんもクラウドファウンディングについてはよく言及されています。

 

以前は銀行や商工ローンから融資を受けるしか方法がなく、利率などについても金額による相場に基づいて決定されてきました。

 

クラウドファウンディング

 

しかしクラウドファウンディングでは、実際に融資をする人が現れるかは別として、お金を借りる側が利率などを決定することができます。現状、クラウドファウンディングの出資者には2つのタイプがあり、金融商品として利用している方、純粋に事業を応援したい方に分かれます。金融商品としてのものは、不動産の購入目的で出資を行い、賃料収益を元本に乗せて返済する形が多いです。当然、元本が保証されない旨の記載がありますが…。

 

事業を応援するタイプの出資者は、借り手である事業者がweb上で行うプレゼンに対して共感するかがポイントになり、借り手の提示する条件をのむ形で出資が実行されます。元本が保証されないのは通常の事業融資が焦げ付く可能性があるのと同じです。

 

クラウドファウンディングは借り手にとって有利な資金調達方法です。敢えてクラウドファウンディングで出資者を募ることから金融機関からの融資よりも利率を低く設定できますし、いわゆるブラックリストによる融資の制限もありません。他の借金があり、その返済が滞っていることを告知する義務は無いのです。しかし多くの場合は他の借金が無い、もしくは確実に返済できている状態で利用することにはなります。

 

利息についても、クラウドファウンディングの場合は必ずしもお金である必要はありません。事業で行うサービスをタダで利用できるなどの形で利息の支払いとするパターンがあります。まだ社会に広まって間がないサービスですので、事業家一人一人が正しく融資の返済を履行していくことで、クラウドファウンディングがさらに信頼できるものになるでしょう。フィンテックなども含め、お金を調達したり、決済をすることが金融業界だけのものではなくなりつつあります。