19歳がお金を借りる

MENU

19歳はキャッシングでお金借りることは可能か?

19才キャッシング

 

19歳という未成年であっても、お金を借りることはできます。実際に、学生であっても奨学金というお金を国から借りることはできますし、それを将来的な期間を設けて返済していくことは国も法律も否定はしていません。キャッシングであっても同じで、条件さえ満たせば最小限のお金を借りることは可能です。この最たる例が、学生専用のクレジットカードです。

 

大学に通うことを考えている人は、大学生活に必要になる金銭的な処理を手軽に行うために、クレジットカードを作ることができるようになっています。クレジットカードは、確かに現金を用いずに気軽に利用できるショッピング枠という非常に便利な機能が用意されているのですが、実はクレジットカードの中にはショッピング枠とは別にキャッシング枠というとても少額融資を利用できる枠も用意されています。ここで用いられているキャッシングという言葉は、一般的な消費者金融が提供しているキャッシングという名称と、法律的に完全に一致します。金融機関は、銀行法によって業務を実行しているので本来は貸金に関する貸金業法の適用を受けることはありません。

 

しかし、個人の消費者と関わり合いが深くなるキャッシングに関しては、たとえば銀行が提供しているサービスであっても消費者金融が提供するキャッシングと同じ枠内でサービスを提供しなくてはならない義務を背負います。つまり、クレジットカードのキャッシング枠は消費者金融が提供する貸金の枠の範囲内で提供することになるわけです。キャッシングは、銀行の融資と異なって年収を限度額の柱として提供することになるので、言い換えれば学生であっても年収を一定範囲内で得ることが出来ればお金を借りることが可能です。一般的には、アルバイトを週に4日から5日程度で入っている人であれば、貸金業法が規定している少額融資の範囲内で問題なくお金を借りることが可能です。これは19歳であっても変わりません。