MENU

お金を借りるにあたって

お金を借りるに際して、当サイト【お金借りる2017】では、カードローンを契約してキャッシングすること推奨しています。

  • 「カードローンでキャッシングする」
  • 「消費者金融を利用する」

などと聞いたり見たりすると、お金を初めて借りる人にとってみると、不安を感じたり、拒絶反応が起こる方もいらっしゃるかもしれませんが大丈夫です。

 

当サイトの運営ポリシーとして、そういった怪しい高金利の街金・闇金や激しい取り立てのあるような金融サービスは一切紹介しておりません。

 

テレビCMなどで知名度のある安心安全で最新のカードローンをご案内します。

 

 

カードローンは「安定した収入がある20才以上の方」であれば審査申込みできますし、必要書類も、50万以内の借り入れであれば免許書があれば大丈夫です。

 

消費者金融のカードローンには、初めての方には無利息期間がありますし、銀行カードローンの場合ですと低金利で長期的にお付き合いできるメリットもあります。

 

当サイトおすすめのカードローンランキングです。お持ちのスマホやPCから気軽にお申込みください。

 

アコムの特徴

●はじめての方は契約日の翌日から30日間金利がかかりません
●最短30分で審査回答!
●即日融資OK
●楽天銀行口座をお持ちなら、来店不要で365日土日祝でも最短1分で振込融資OK!(手数料無料)
●保証人・担保不要
●50万円まで収入証明不要
●20才以上で安定した収入があれば学生・フリーター・主婦の方でも申込できます

実質年率 3.0%〜18.0%
融資限度額 1万円〜800万円
評価 評価5
アコムの総評

消費者金融の老舗で三菱UFJフィナンシャル・グループなので安心♪はじめての方も無利息期間があるから借りやすいです。
急いでいる方でも、審査申込をネットで済まして、最寄りのむじんくん(自動契約機)に駆け込むと、22時まで申込できて、すぐにその場でカード発行してもらえて、併設されているatmで即日キャッシングすることも可能です!平日だけでなく土日祝でもオッケー!

プロミスの特徴

●はじめての方は契約日ではなく、初回の利用翌日から30日間無利息!
●審査は最短30分!最短1時間融資も可能
●三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちなら、来店不要で土日祝でも24時間最短10秒で振込可能の瞬フリサービスも好評!(手数料無料)
●50万円まで所得証明不要
●WEB完結でカードなしも可能なので郵送物一切なしでバレずに借りれます
●20才以上で一定の収入があれば学生でも主婦でも申込可能
●ゆうちょ銀行ATMも使えます
●女性担当で安心のレディースプロミス窓口もあります(男性の方でもOK)→こちら

実質年率 4.5%〜17.8%
融資限度額 500万円
評価 評価5
プロミスの総評

プロミスの無利息期間は、契約日ではなく借入日の翌日からカウントされるので借り入れしない限り無利息期間が失効することが無いので安心です。平日の14時以降や土日祝でも、最寄りの自動契約機(ローン契約機)に駆け込めば、最短即日融資も可能です!

モビットの特徴

●web完結申込で職場への電話連絡なし!郵送物なし!
●誰にもバレずにキャッシングしたい人におすすめ
●14:50までの振込手続き完了で当日融資可(審査結果により不可の場合有り)
●申込の際の入力項目が少ないのでスピーディーです
●全国に提携ATM約130,000台あります ※2016年10月現在
●限度額が800万なのでおまとめにも適してます

実質年率 3.0%〜18.0%
融資限度額 800万円
評価 評価5
モビットの総評

モビットも三井住友銀行グループなので安心して利用できます。即日キャッシング希望の場合は、午前中にネットから申込むのがベストですが、平日19時までのネットからの申込で最寄りのモビットのローン申込機に駆け込めば即日現金を手にすることも可能です!
また、カードレスでキャッシングも可能なのでカードローンを利用していることをバレたくない人に人気があります。

スルガ銀行カードローン

スルガ銀行カードローンの特徴

●低金利で安心の銀行カードローン♪
●最短1分スピード回答!最短30分で契約完了!
●昼12時までの契約完了で即日融資可能
●ガン特約付き生命保険を付帯することも可能
●全国コンビニATMで利用できます
●500万円まで収入証明書不要
●スルガ銀行の口座がなくてもOK
●月々3000円からのゆとり返済

実質年率 3.9%〜14.9%
融資限度額 800万円
評価 評価4
スルガ銀行カードローンの総評

銀行のカードローンでは珍しい「即日融資」をモットーにしたサービスです。消費者金融に比べると金利が安いので長期的におつき合いできるカードローンです。全国コンビニATMで利用できるので使い勝手もいいです。2017年人気急上昇中です。

 

★クレカ機能付きで選ぶならACマスターカード!★

 

最短即日発行でクレカが作れる?ACマスターカードなら可能です!一定の収入があればパート・フリーターでもOK!年会費も無料!保証人・担保不要です!お近くのむじんくんで即日カード受け取りが可能!

 

「消費者金融や銀行カードローンには抵抗があるけどキャッシングはしたいっ」ていう方には特におすすめ!ありそうでない即日手にすることができる貴重なクレジットカードです。

 

アコムACマスターカード

アコムACマスターカードの3秒診断はコチラ!

家族に内緒でお金を借りれるか?

「お金を家族に内緒で借りたい!」と考えている方も多いと思います。言い換えると、「家族にバレずにお金を借りたい!」ということです。

 

家族バレ

 

そこで、カードローンを利用してバレる原因の大半は何かご存知でしょうか?

 

ズバリ、「郵送物」です。

 

郵送物の代表的なものは、次の3つです

  1. カードと申込時の契約書などの書類
  2. 利用明細書
  3. 滞納した場合の督促状

この3つの郵送物をきちんと管理できれば家族バレせずに安心してお金を借りることができます。それぞれの消費者金融に分けて、家族バレしない方法をお伝えします。

 

アコムの郵送物でバレないようにする方法

 

●カードと申込時の契約書などの書類

まず、アコムでは現在のところカードレスでの契約はできません。つまりアコムと契約する時は必ずカードを受け取らないといけないわけですが、カードを自宅郵送ではなく、「むじんくんで受け取るようにする」ことが第一ステップです。そうすることによってカードと申込時の契約書が自宅に送付されなくなります。
※自宅郵送の場合「ACサービスセンター」という差出人で届きますが、怪しいといえば怪しいので注意してください。

●利用明細書

振込キャッシングでもATMでのキャッシングでも発行されるので、バレたくなければATMでキャッシングしてその際に発行される利用明細書は自宅に持ち帰らずにすぐに処分することで、「ポケットから出てきて嫁にバレた!」といったことを防げます。

●督促状

返済を怠っていなければ送られることはありません。

 

アコム

 

プロミスの郵送物でバレないようにする方法

 

●カードと申込時の契約書などの書類

プロミスはカードレスで契約できるので、WEB完結申込でカード発行なしにしましょう。

●利用明細書

申し込みフォームの「書面と受取方法」でWEB明細にチェックすれば郵送物が送られることはありません。

●督促状

返済が滞らない限り送付されません。

 

プロミス

 

モビットの郵送物でバレないようにする方法

 

●カードと申込時の契約書などの書類

モビットもカードレスで契約できるので、WEB完結申込でカード発行なしを選択すればオッケー。ただし、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座があることが前提になります。

●利用明細書

モビットの会員サービスであるMyモビで自宅へ郵送するのではなくWEBで確認するように変更することで紙の利用明細書は発生しません。

●督促状

返済が滞らない限り大丈夫です。

 

モビット

 

以上のようにバレないようにお金を借りることは、少しポイントを押さえることができればカンタンです。安心して申し込みしてみてください。また、それでも心配な方は担当オペレーターにバレたくない意思を伝えることによってオペレーターが親切に対応してくれます。

在籍確認なしでお金を借りれる?

カードローンを契約してキャッシングしたいけど、勤めている職場に電話がかかってくるのがネックになっている人もいらっしゃると思います。

 

在籍確認

 

消費者金融でも銀行カードローンでも、契約時は在籍確認は避けては通れません。

 

基本的に在籍確認は「勤務先への電話連絡」によって行われます。

 

勤務先への電話は、個人名でかかってくるのでバレないといえばバレないですが、コミュニケーションがしっかりと行われているような職場に勤めている場合は、「クレカ申し込んだので電話がある」といったことを共有しておくと一番スムーズです。

 

とはいえ、「やっぱり心配・・・」

 

そういった方は、電話連絡以外の方法で在籍確認をしてくれるモビットがオススメです。

 

モビットのWEB完結なら職場への電話連絡・郵送物なしなので安心です。

 

モビットのWEB完結を出来る条件は、「三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちの方」で「社会保険証か組合保険証をお持ちの方」となります。

 

モビット

フリーターでもお金を借りれる?

「キャッシングでお金をはじめて借りてみたいな〜」とお考えの方は、色々とわからないことがあったり、先入観があったりするものです。

 

フリーター

 

例えば、よくある先入観がフリーターの方の場合、審査が通過しないといったことです。フリーターは正社員ではないのでちょっとした引け目からそのように感じる人が多いようです。

 

しかし、フリーターの方でもキャッシングの審査に通過している方は、普通にいらっしゃいます。金融会社は基本的に安定した収入がある方で、返済できる能力があるかどうかを厳しくチェックしています。だから、フリーターの方でも自信をもって審査申し込みしてみてください。また、当たり前ですが、無職の方は審査を通過することはありませんし、他社で借りすぎている人も審査通過は厳しいとお考え下さい。

 

また、フリーターの方がカードローンの審査に通過するコツは、借入限度額を少なめにして申し込んで、審査を通過することに専念することです。

 

⇒お金を借りる最新のカードローンランキングはこちら

金融事故を起こしているようなブラックでもお金を借りれる?

「金融事故」と聞いてもピンとこない人もいらっしゃるかもしれません。

 

金融事故とは、文字通り、金融関係で事故を起こしている状態のことを言います。

 

ブラック

 

具体的には、過去に借金をしており、借金を踏み倒してしまったような場合(債務整理などをしている場合)や、毎月の返済をしっかりしていなかったような状態の人です。ブラックリスト(ブラック)と聞けば、理解しやすいかもしれません。

 

ブラックリストに載ってしまいますと、しばらくの間は、借金ができません。当然です。しっかり返済できないような人に、どのような金融機関でも、融資をしようとは思わないはずです。

 

逆に言いますと、ローンを抱えており、毎月の返済をしなければならないような状態の人でも、しっかり毎月の返済をしているならば、キャッシングを利用してお金を借りることができるということです。

 

しかし、住宅ローンなどの返済だけでもかなり厳しいような人は、それ以上の借金を抱えますと、ローンの返済ができなくなってしまいます。

 

キャッシングサービスを利用するとそれなりの金利を支払うことになります。リボ払いなどの分割払いにすれば、毎月の返済など、簡単にできると勘違いしてしまう人もいると思うのですが、塵も積もれば、借金は知らない間に大きくなる可能性があります。しっかり返済ができなければ、支払遅延の特別に高い金利が課されてしまいますし、多重債務者になってしまう事も考えられます。

 

最終的には、全ての財産を失ってしまうような破産の手続きをしなければならない状態になりますので、カードローンは計画的に返済出来る範囲で利用するという心構えが大切です。

 

⇒お金を借りる最新のカードローンランキングはこちら

市役所でお金を借りる

カードローンや消費者金融に抵抗のある方は、「なるべく安全に公的機関からお金を借りることができないか?」

 

と考える方もいらっしゃるかと思います。

 

市役所で借りる

 

そういった方は、市役所でお金を借りることを検討してみてもいいかもしれません。金利面でいうと民間のサービスよりも低金利で借りれます。

 

市役所でお金を借りる制度を「生活福祉賃金制度」といいます。この制度は、一時的に貸付することによって自立した生活を送れるようにすることを目的としたものです。

 

この生活福祉賃金制度とは、4つの種類から成り立っています。

  1. 総合支援資金
  2. 福祉資金
  3. 教育支援資金
  4. 不動産担保型生活資金

このような生活福祉賃金を受けられる対象は、

  1. 低所得世帯
  2. 障害者世帯
  3. 高齢者世帯

となっています。

 

収入が少なく、生活費に困っているケースは、総合支援資金を利用することになります。

 

金利は、1.5%となっており、保証人をつけることができれば無利子で借りることもできます。

 

審査内容や提出する書類などは、事業所によって異なるのでまずは、市役所の窓口に相談することからスタートです。また、こういった公的融資を受ける場合は、「即日」融資といったことは無理です。基本的に審査に1〜2週間程度かかります。
急を要する時は、民間の消費者金融や銀行カードローンで金欠を乗り切ることを考えたほうがいいでしょう。

 

⇒民間の即日キャッシングランキングはこちら

消費者金融の審査ではCICという信用情報機関への照会が行われる

お金借りるフリーター

日常の暮らしの中でどうしてもお金が足りなくなってしまった時、消費者金融の借り入れローンを活用すると手軽に融資金を手に入れることができます。これらを充当することで立ちどころに問題は解決できるはずです。

 

しかしながらこういった借り入れサービスを利用するには、審査をクリアする必要があります。然るべき手段を通じて申し込みを行ったなら、その時点から審査担当者による入念な申請内容の精査がスタートします。ここで重要になるのが信用情報のチェックです。消費者金融各社はCICという信用情報機関に加盟しており、何らかの借り入れ申請が行われるとすぐにCICに登録された情報にアクセスすることで申請者の過去の借り入れ履歴を確認することが出来るのです。

 

ここで過去に返済事故を起こしていないか、短期間の間に複数の借り入れ申請を行って立て続けに審査落ちを繰り返していないかをチェックします。これらに該当するとブラックと呼ばれて審査落ちしてしまう可能性が高まります。

 

また、信用情報には現時点の借金総額が一目で分かるようになっています。そのため総量規制を超えてはいないかなどの細かなチェックポイントもごく簡単に確認していくことができます。ここで何も問題がなければまた一歩、融資実現に向けてゴールに近づくことになります。